貝分別方法

開放特許情報番号
L2009001260
開放特許情報登録日
2009/3/6
最新更新日
2013/1/21

基本情報

出願番号 特願2007-178626
出願日 2007/7/6
出願人 国立大学法人島根大学
公開番号 特開2009-011969
公開日 2009/1/22
登録番号 特許第5126709号
特許権者 国立大学法人島根大学
発明の名称 貝分別方法
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品
目的 船に搭載可能であり、熟練した作業員が分別した場合と同程度の判別率を有し、高速な分別作業も可能とする貝分別方法を提供する。
効果 船に搭載可能であり、熟練した作業員が分別した場合と同程度の判別率を有し、高速な分別作業を可能とする貝分別方法を提供可能となる。
技術概要
シジミ貝またはアサリ貝等の二枚貝について、出荷に適さないものを分離する方法である。シジミ貝を判別台の上に載置する載置工程S101と、載置工程で載置された貝に対して、片側から近赤外光を照射し、貝をはさんで照射側とは反対側から、IRフィルタを介して貝の近赤外域を中心とする透光画像を撮像する撮像工程S102と、撮像工程S102で撮像された画像に基づいて、画像を、回転、反転、移動、拡大、縮小、光波長フィルタリング、階調変換等必要な処理をおこなって判定用画像を作成する判定用画像作成工程S103と、判定用画像作成工程で作成された画像を入力し、あらかじめ作成しておいたベイジアンネットワークと自己組織化マップ(SOM)による解析アルゴリズムに基づいて情報処理を行い、画像にかかる貝が出荷に適しているか否かを判定する判定工程S104と、判定工程で適否の判定された貝をそれぞれ分別する分別工程S105と、を含む貝分別方法である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT