NC工作機械用拡張制御装置及び方法

開放特許情報番号
L2009001187
開放特許情報登録日
2009/3/6
最新更新日
2010/12/17

基本情報

出願番号 特願2001-275222
出願日 2001/9/11
出願人 福岡県
公開番号 特開2003-084815
公開日 2003/3/19
登録番号 特許第4625898号
特許権者 福岡県
発明の名称 加工設備
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 NC工作機械用拡張制御装置
目的 CAD/CAMシステムのデータを一旦NC工作機械用拡張制御装置に入力して、NC工作機械を動かすNC工作機械用データと、補助機械装置を動かす補助機械制御用データとに分岐し、補助機械装置を含めたNC工作機械の更なる拡張性を持たせるNC工作機械用拡張制御装置及びNC工作機械用拡張制御方法を提供する。
効果 このNC工作機械用拡張制御装置及び方法によって、従来から使用されているNC工作機械に更に補助機械装置を用いて、新たな動作を行うNC工作機械を提供できる。これによって、従来のNC工作機械の能力の拡張が行える。
技術概要
図1はNC工作機械用拡張制御装置を用いた加工設備のブロック図、図2はNC工作機械用拡張制御装置を適用した溶接装置の機械回りの説明図、図3は同NC工作機械用拡張制御装置の動作フロー図である。工作物の加工を行うNC工作機械12及びこれに取付けた補助機械装置13の動作を制御するNC工作機械用拡張制御装置及び方法であって、CAD/CAMシステム35から与えられたNC工作機械12の動作を定義するNC工作機械用データ及び補助機械装置13の動作を定義する補助機械制御用データを含む拡張NCデータを記憶し、記憶された拡張NCデータを、NC工作機械用データと補助機械制御用データに分けて、NC工作機械12及び補助機械装置13の動作状況を入力して、NC工作機械12と補助機械装置13の同期を取りながら、NC工作機械12及び補助機械装置13にその動作信号を出力する。図1に示すように、NC工作機械用拡張制御装置10を適用する加工設備11は、本体となるNC工作機械12に補助機械装置13を取付けている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT