工作機械上での溶接システム

開放特許情報番号
L2009001186
開放特許情報登録日
2009/3/6
最新更新日
2010/11/5

基本情報

出願番号 特願2000-079621
出願日 2000/3/22
出願人 福岡県
公開番号 特開2001-259945
公開日 2001/9/25
登録番号 特許第4599475号
特許権者 福岡県
発明の名称 工作機械上での溶接システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、接着・剥離
適用製品 工作機械上での溶接システム
目的 加工中の工作物を工作機械上から下ろすことなく、修正加工を自動的に実施できる工作機械上での溶接システムを提供する。
効果 工作物の加工中に、工作物の設計変更や加工ミスを補修しなければならない問題が生じても、加工途中で、工作機械の主軸の端部にある工具取付け部に取付けられた加工用の工具を、工具取付け部に取付け可能なトーチホルダーを有する工作機械上での溶接システムに代えることが可能となるので、加工途中で、工作物を工作機械から下ろすことなく、工作物の設計変更や加工ミスを補修する溶接、例えば肉盛溶接等を工作機械上で実施することが可能となる。従って、人手に頼らない安定した修正加工が可能となる。
技術概要
図1は工作機械上での溶接システムの正面図、図2は工作機械上での溶接システムの水平移動機構の部分拡大図、図3(a)、(b)はそれぞれ工作機械上での溶接システムの変形例に係る旋回機構の部分拡大図、図4(a)、(b)はそれぞれ同工作機械上での溶接システムの変形例に係る傾斜機構の部分拡大図、である。工作機械上での溶接システム10は、モータによって回転駆動可能な主軸の端部に工具ホルダーの工具取付け部11aを有する工作機械に取付ける溶接システムである。そして、溶接システム10は、工作機械の工具取付け部11aに、工具ホルダーの代わりに取付け可能なトーチホルダー11と、トーチホルダー11に備えられる溶接トーチ12と、溶接時の溶接トーチ12のコントロールを行う制御装置13とを有する。更に、トーチホルダー11は、溶接トーチ12を旋回させる旋回機構14と、溶接トーチ12を傾斜させる傾斜機構15と、溶接トーチ12を上下動させる上下動機構16と、溶接トーチ12を水平方向に移動させる水平移動機構17とを有している。また、この水平移動機構17は傾斜機構15に取付けられている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 熟練した技能を有する溶接技能者を必要としないため、業者への輸送費用がかからず、しかも製品完成までの期間を短縮できる。更に、工作機械上で、加工と溶接を実施できるので、加工途中での工作機械上への工作物の上げ下ろしが必要なくなり、作業性も良好となる。
改善効果2 特に、この溶接システムにおいては、トーチホルダーが、溶接トーチの旋回機構、傾斜機構及び上下動機構とを有するので、工具取付け部を有する工作機械、又は加工中の工作物を動かすことなく、工作物の設計変更や加工ミス部分を、瞬時に、しかも的確に補修することが可能となる。従って、人手に頼らない安定した修正加工が可能となる。
改善効果3 トーチホルダーには、溶接トーチを水平方向に移動させる水平移動機構が設けられているので、溶接部を直線的に溶接するだけでなく、溶接トーチを水平方向に往復運動させることが可能となる。従って、必要な幅を有する溶接が一度に実施できる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT