カラー画像を用いた看板および標識の認識方法

開放特許情報番号
L2009000954
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2009/8/21

基本情報

出願番号 特願2008-192935
出願日 2008/7/28
出願人 国立大学法人秋田大学
公開番号 特開2008-287735
公開日 2008/11/27
登録番号 特許第4336755号
特許権者 国立大学法人秋田大学
発明の名称 カラー画像を用いた看板の認識方法
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 カラー画像、道路標識、看板および標識の認識方法
目的 撮像したカラー画像を用いて道路標識等の対象物の認識性能を向上した、カラー画像を用いた看板および標識を認識する方法の提供。
効果 カラー画像を用いた看板および標識を認識する方法によれば、使用色が予め設定されている標識に加え、使用色や形状・大きさが不定である看板を認識することができるため、カラー画像から前方向の多種多様な環境情報を道路利用者に提供することができる。
技術概要
この技術では、カラー画像を用いた看板および標識を認識する方法は、撮像するカラー画像から得られる色情報(色相・彩度・明度)、形状情報、並びにエッジ情報を用いて、使用色が予め設定されている標識および使用色や形状・大きさが不定である看板を認識する。また、撮像したカラー画像において、色情報である色相・彩度および形状情報である円形度を用いて円形標識と矩形看板を識別する。円形標識を抽出する手段としては、道路標識に使用している赤・青・白に対応する領域を推定し、これらの領域に分類された画素の色情報を用いて、エッジ情報を検出した位置に相当する、塗色の境界域の使用色推定を行う。次に、標識の一番内側に配置された色の形には特徴的な情報が提示されていることに着目してこれを特徴領域とし、特徴領域の外接矩形を分割したブロックに含まれる特徴領域の割合を用いて、予め用意した辞書データとの比較により標識を認識する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT