コロイド粒子の沈殿・浮遊方法及びその方法を利用した処理装置

開放特許情報番号
L2009000948
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2013/6/18

基本情報

出願番号 特願2007-069670
出願日 2007/3/17
出願人 国立大学法人秋田大学
公開番号 特開2008-229427
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第5239006号
特許権者 国立大学法人秋田大学
発明の名称 コロイド粒子の沈殿・浮遊方法及びその方法を利用した処理装置
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 コロイド粒子の沈殿・浮遊方法
目的 超音波を水溶液に照射することで、生成する硝酸等を利用して酸性化剤等のpH調整剤や凝集剤を使用せずに、もしくは、削減して溶液中の微粒子を沈殿させる方法の提供。
効果 pH調整剤や凝集剤を使用せずにもしくは、削減して溶液中の微粒子を沈殿させることができる。その結果、特に沈殿物の再利用においては、沈殿物や溶液に、凝集剤成分や酸化剤・還元剤の成分が残留することがなくなるため、沈殿物や溶液の再利用が容易になる。
技術概要
この技術では、コロイド粒子の沈殿・浮遊方法は、pHコントロールにより沈殿、浮遊が可能なコロイド溶液において、溶液に超音波を照射し、化学反応を引き起こすことにより、水と空気を反応させ硝酸、亜硝酸、過酸化水素を生成し、pHコントロールする。超音波照射による反応工程における超音波の周波数は50kHz 1,000kHzとする。超音波照射による反応工程における溶液のpHの値は超音波照射時間により制御できる。また、超音波を水溶液中に照射することで連続的に硝酸、亜硝酸、過酸化水素およびラジカルを生成させ添加すること、また、その化学反応を利用すること、時間によって添加量を制御可能である。溶液中の粒子は超音波の出力および周波数を変えることで、微細化が可能であること、また、出力および周波数を調整することで、粒子を砕かずに、微細化せずに沈殿回収できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT