レアメタル、白金系金属抽出剤及びそれを用いたレアメタル、白金系金属抽出方法

開放特許情報番号
L2009000936
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2009/2/27

基本情報

出願番号 特願2006-065839
出願日 2006/3/10
出願人 国立大学法人秋田大学
公開番号 特開2007-239066
公開日 2007/9/20
発明の名称 レアメタル、白金系金属抽出剤及びそれを用いたレアメタル、白金系金属抽出方法
技術分野 化学・薬品、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 レアメタル、白金族系金属抽出剤、白金族系金属抽出方法
目的 従来のレアメタル、白金系金属抽出剤にない全く新しい構造を有し、優れた抽出性能を有するレアメタル、白金系金属抽出剤及びそれを用いたレアメタル、白金系金属抽出方法の提供。
効果 この技術のレアメタル、白金族系金属抽出剤は、効率良く、工場等からの廃液中に含まれているレアメタルや白金族系金属を効率良く抽出することができ、尚且つ土壌や海水中からのレアメタルなどの有用な金属の回収に利用できる。
技術概要
この技術では、レアメタル、白金系金属抽出剤は、式(1)(式中、Xは水酸基、シアノ基、カルボン酸基、アシル基、カルボキシアルキル基、カルボモイルアルキル基であり、Yは炭化水素基であり、Zはスルフィド基、スルフィニル基、またはスルホニル基であり、nは4以上の整数である。)で表される環状フェノール硫化物を含有するものとする。また、レアメタル、白金族系金属抽出方法は、レアメタル、白金族系金属抽出剤によりレアメタル、白金族系金属を選択的に抽出するものとする。環状フェノール硫化物溶液に使用する溶媒とレアメタル、白金系金属溶液に使用する溶媒は、お互い溶けにくい溶媒を使用する。これらの溶媒の好適な組み合わせとしては、環状フェノール硫化物溶液の溶媒が非水溶性の溶媒であり、レアメタル、白金系金属溶液の溶媒が水である組合せである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT