認証システム及び通信方法

開放特許情報番号
L2009000931
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2009/2/27

基本情報

出願番号 特願2006-017069
出願日 2006/1/26
出願人 国立大学法人秋田大学
公開番号 特開2007-199969
公開日 2007/8/9
発明の名称 認証システム及び通信方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ハイブリッド信号方式、電子的認証システム、通信方法
目的 暗号化技術のみによらない、信号自体にセキュリティ強度を持たせた、新たな方式の情報セキュリティ技術の提案。
効果 暗号化アルゴリズムのみによらない、新たなセキュリティ手段が得られる。ハイブリッド信号方式の特徴を用いることにより、セキュリティの高い認証システムを構築する自由度が増す。それに加え、ハイブリッド信号は組み合わせが非常に多様であり、通信盗聴に対して効果的な障壁となる。
技術概要
この技術では、認証システムは、電子鍵等の電子的セキュリティを用いたものにおいて、認証情報もしくは鍵情報を持つアナログ信号とディジタル信号を重畳することによって得られる情報隠蔽性の高いハイブリッド信号を用いて高度な情報セキュリティを実現する。この認証システムは、ハイブリッド信号を利用した伝送情報保護である。また、通信方法としては、それぞれが認証情報もしくは鍵情報を持つアナログ信号とディジタル信号を重畳することによって得られる情報隠蔽性の高いハイブリッド信号を用いた情報伝達の通信方法とする。この通信方法は、ハイブリッド信号において、重畳に用いたアナログ信号とディジタル信号それぞれが持つ情報を保持し、システムのセキュリティを担うものである。また、この通信方法は、ハイブリッド信号において、それぞれ情報を持つアナログ信号とディジタル信号を重畳することによって得られる固有の情報をセキュリティに用いるものとすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT