竹繊維の製造方法及びその製造装置

開放特許情報番号
L2009000919
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2011/12/16

基本情報

出願番号 特願2007-159505
出願日 2007/6/15
出願人 吉田 義臣
公開番号 特開2008-307832
公開日 2008/12/25
登録番号 特許第4859762号
特許権者 吉田 義臣
発明の名称 竹繊維の製造方法及びその製造装置
技術分野 機械・加工、繊維・紙
機能 材料・素材の製造
適用製品 竹繊維、内装品、建築材料、補強材料
目的 常温常圧で、ある範囲の長さに揃った竹繊維を連続して大量に製造できる方法及び装置の提供。
効果 竹片を所定間隔で押圧し、押圧した部分で竹繊維を伸ばし、解繊時にその箇所で竹繊維が自然に分断されるので、極めてシンプルな工程であっても一定の間隔以下で長さの揃った竹繊維を量産することが実現できる。
技術概要
この技術では、竹繊維の製造方法は、長さ方向に竹繊維を延在し竹繊維と肉質が一体となった竹片を形成する工程を備えると共に、竹片を所定間隔おきに押圧し、竹繊維の押圧した箇所を伸ばして弱める工程を備え、竹片を解繊しながら竹繊維を伸ばした箇所で分断する工程を備える。また、竹片の竹繊維側を押圧し、竹繊維を肉質側に伸ばすものとする。更に、竹片を解繊する前に、竹片に振動を与えながら竹繊維と肉質の結合を弱めるものとする。更に、解繊後の竹繊維の長さは所定間隔以下とする。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 ジンアーキ株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT