吸収冷温水機

開放特許情報番号
L2009000886
開放特許情報登録日
2009/2/27
最新更新日
2009/2/27

基本情報

出願番号 特願2001-294156
出願日 2001/9/26
出願人 東京瓦斯株式会社
公開番号 特開2003-106697
公開日 2003/4/9
登録番号 特許第3791836号
特許権者 東京瓦斯株式会社
発明の名称 吸収冷温水機
技術分野 機械・加工
機能 加熱・冷却
適用製品 吸収冷温水機
目的 外部の排熱を系の中に取り入れて熱量の有効利用をすることが出来る3重効用吸収冷温水機を提供する。
効果 吸収溶液ラインに設けた再生器に外部熱源の排熱を使用して循環する吸収溶液を加熱させているので、吸収冷温水機の系としての熱効率が高い。吸収溶液ラインに設けた冷媒ドレン熱交換器に再生器で再生した冷媒蒸気を通し、吸収冷媒を加熱させるので熱の回収が大きくなる。
技術概要
 
本吸収冷温水機は、高温再生器で吸収溶液を加熱し再生させる加熱用熱源のほかに、吸収溶液ラインに設けられた外部排熱利用の再生器で吸収溶液を加熱して吸収溶液を再生されるよう構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 吸収溶液ラインに設けた再生器に外部熱源の排熱を使用して循環する吸収溶液を加熱させているので、吸収冷温水機の系としての熱効率が高い。
改善効果2 吸収溶液ラインに設けた冷媒ドレン熱交換器に再生器で再生した冷媒蒸気を通し、吸収冷媒を加熱させるので熱の回収が大きくなる。

登録者情報

登録者名称 東京瓦斯株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT