移動ロボット

開放特許情報番号
L2009000861
開放特許情報登録日
2009/2/20
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2007-105018
出願日 2007/4/12
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2008-260436
公開日 2008/10/30
登録番号 特許第5061356号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 移動ロボット
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 移動ロボット、伸展式腕、テザー式腕、宇宙ロボット
目的 大きさが10数mから数100mを超える大型宇宙構造物の建設保守において、ロボットの移動用足場が出来上がっていない状態においても大型宇宙構造物上を移動し、構造物の組立保守等の各種の作業を行うロボットの移動手段の提供。
効果 この技術のロボットによれば、ロボットは打上げ・収納時には小型でありながら、軌道上ではロボット本体の収納時の容積よりもはるかに広い範囲を容易に移動可能となる。また、構造物に固定した状態で移動及び作業を行うため、大きな反力が回避可能となる。
技術概要
この技術では、移動ロボットは、所定の長さを移動ロボットから伸展することが可能な少なくとも4つの腕を備えると共に、腕を収容するハウジングを備え、腕のハウジングからの引き出し及び引き込みを制御して腕の長さを調整する腕長調整手段を備える。腕の各々は、作業領域近傍に位置する固定部材に結合するための結合手段を有しており、腕の端部の各々が固定部材にそれぞれ結合した状態で、腕長調整手段によって腕の各々の長さを調整することにより、移動ロボットは、固定部材に結合した複数の腕の端部間によって囲まれる領域内で移動可能とする。結合手段の少なくとも1つは、移動ロボットの移動可能な領域を変更するために、作業領域近傍に位置する固定部材に結合している他の腕の端部を把持し、固定位置における固定部材との結合を解除し、作業領域近傍に位置する他の固定位置の固定部材に結合する付け替え手段として更に機能するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT