飛行データ及び操作手順書を用いた乗員行動再構築システム

開放特許情報番号
L2009000845
開放特許情報登録日
2009/2/20
最新更新日
2015/10/29

基本情報

出願番号 特願2006-280502
出願日 2006/10/13
出願人 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構
公開番号 特開2008-096831
公開日 2008/4/24
登録番号 特許第5116007号
特許権者 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
発明の名称 飛行データ及び操作手順書を用いた乗員行動再構築システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 航空機、運航会社、飛行解析プログラム
目的 近年の航空機事故原因の7割以上が乗員のヒューマン・ファクタに起因していることに鑑み、日常運航時のパイロット・パフォーマンスを解析し、傾向分析や不安全要素抽出を可能とし、乗員の行動レベル(標準操作からの逸脱等)での解析を可能にするシステムの提供。
効果 本技術は、得られた乗員行動の再構築情報から標準操作からの逸脱を判定し、乗員への情報提示と標準操作手順データの改善のためにフィードバック機能を備えるものであるので、運航会社の安全性向上活動にて、乗員のワークロードが恒常的に高くなっている場所や機種などを特定し、空域設定の変更や操作手順の見直し等にフィードバックして安全性を向上することが可能になる。
技術概要
この技術では、記憶部に蓄積された航空機の航空機仕様書、コックピットレイアウトそして運航解析データのフォーマット情報と入力される操作手順書から標準操作手順の作業を生成する手段と、与えられたシステムパラメータから検知可能な乗員行動を生成する手段と、両手段からの出力を受け乗員行動のシナリオを生成する手段と、乗員行動のシナリオとシステムパラメータと運航パラメータとから乗員行動の再構築を行う。即ち、可観測な標準操作手順の行動を確認して、それから、検知された乗員行動と飛行データから不可観測な標準操作手順の実施タイミング不可観測な標準操作手順の作業を含めて乗員行動を再構築する。又、乗員行動再構築ツールとして、標準操作手順の作業生成のために視覚V、聴覚A、認識C、身体運動P源データを用いる既存の行動のシナリオ発生器プログラムからシナリオ生成ルーチンのフレームワークを使うものとし、得られた乗員行動の再構築情報から標準操作からの逸脱を判定し、乗員への情報提示と標準操作手順データの改善のためにフィードバック機能を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT