ゼオライト、ゼオライト膜の製造方法及びゼオライト濾過膜

開放特許情報番号
L2009000807
開放特許情報登録日
2009/2/20
最新更新日
2015/9/28

基本情報

出願番号 特願2008-298896
出願日 2008/11/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-120834
公開日 2010/6/3
登録番号 特許第5366189号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ゼオライトもしくはゼオライト膜からなるゼオライト材の製造方法
技術分野 機械・加工、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 有害ガス吸着、触媒膜、メンブレンリアクター、ガスや水処理用抗菌剤、医療用滅菌剤
目的 粘土とゼオライトの混合粉末を、水溶性溶媒に分散して調製したスラリーからなるコーティング剤の提供、このコーティング剤を用いて作製したゼオライト、ゼオライト膜のゼオライト材の提供、その製造方法の提供、及びゼオライト濾過膜の提供。
効果 この技術によれば、現在までに報告されていない、粘土の固相変換によるゼオライト化の方法を提供することができる。また、これまでに知られていないゼオライトスラリーの塗布によるゼオライト膜製膜及び耐水化方法を提供することができる。この技術のゼオライト膜は、例えば、高温高湿度環境で湿度コントロールしたり、抗菌作用を持つようにする壁表面処理用の塗布剤として好適に使用することができる。
技術概要
 
この技術の、粘土粉末を、スチーム処理してゼオライト化するゼオライト材の製造方法は、粘土粉末、もしくは粘土とゼオライトの混合粉末を、水溶性溶媒に分散して調製したスラリーを、任意の基板上に塗布して、乾燥させた、もしくは自立膜の形に製膜させた所定の形態の粘土、もしくは粘土とゼオライトの混合物を、スチーム処理して、その粘土部分をゼオライト化したゼオライトもしくはゼオライト膜からなるゼオライト材を作製するものである。また、この技術のゼオライトコート処理用のコーティング剤は、粘土粉末、もしくは粘土とゼオライトの混合粉末を、水溶性溶媒に分散して調製したスラリーから構成され、粘土粉末、もしくは混合粉末を構成する粘土の種類は、天然産モンモリロナイトであり、スチーム処理によって合成されるゼオライトの種類は、モルデナイトが好適である。そして、このようなコーティング剤を用いて、基板上に形成された所定の形態の粘土、もしくは粘土とゼオライトの混合物から、その粘土部分が、その状態で直接固相変換によりゼオライト化されたゼオライトもしくはゼオライト膜であるゼオライト材を得ている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT