画像認識装置及び画像認識プログラム

開放特許情報番号
L2009000722
開放特許情報登録日
2009/2/13
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2004-524085
出願日 2002/7/26
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 WO2004/012150
公開日 2004/2/5
登録番号 特許第4200219号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 画像認識装置及び画像認識プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像認識装置及び画像認識プログラム
目的 放映前の素材映像や放映あるいは記録媒体に記録されたスポーツ番組等スポーツに関するコンテンツにおいて、従来認識が困難であった画像内容に対しても好適に画像認識できる画像認識装置を提供する。
効果 プレイイベント情報が発生した時刻の直前及び直後のスコア情報から確実にそのプレイイベント情報がどちらの得点に関係したかを知ることができるため、プレイイベント情報の内容を正確に把握して具体的な画像内容を認識可能な画像認識装置を提供することができる。
技術概要
図1は画像認識装置の機器構成を示す機器構成図である。図2は機能ブロック図である。画像認識装置は、テレビジョン受像機TVやVTR等の記録再生装置を用いて表示する放映中の番組や記録媒体などに記録されるスポーツに関するコンテンツから、特徴的な試合中の選手の動作を認識するものであって、図1に示すように、テレビジョン受像機TVやVTR等の記録再生装置と接続される入出力インタフェイス11と、データやプログラム等を記憶するHDD等の外部記憶装置12や内部メモリ13と、外部記憶装置12等に記憶させたプログラムにしたがって作動し装置を画像認識装置1として機能させるCPU14と、ユーザの利用者情報を受け付けるキーボードやマウス等のユーザインタフェイス15等とを主な構成要素する。なお、ここで「コンテンツ」とは、選手の動作、コート斜め上から縦方向にコートが映るようなアングルで撮影されたショット、審判、観客のアップとなるショット等を含む映像や解説者等の音声を含む。図3は各選手のプレイイベント情報及びボール位置をスコア情報と関連づけたタイムチャートを示す図である。図4は映像情報から画像認識を行う過程を示すフロー図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT