質問応答方法及びシステム

開放特許情報番号
L2009000712
開放特許情報登録日
2009/2/13
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2007-165692
出願日 2007/6/22
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2009-003814
公開日 2009/1/8
登録番号 特許第5213098号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 質問応答方法及びシステム
技術分野 情報・通信、その他
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 質問応答システム
目的 オープンドメインな質問応答システムを実現する上で、その解答の正答率を向上させることが可能な質問応答方法及びシステム、プログラム並びに記録媒体を提供する。
効果 ユーザの入力すべき内容について、複雑なルールは特段存在せず、また高精度な言語解析技術も特段必要としない。
技術概要
この発明の質問応答方法は、ユーザから入力された質問文を構成する単語からキーワードと質問の種別を規定するアンサータイプとを特定する質問文解析ステップと、抽出したキーワードを検索クエリーとし当該キーワードに関連するウェブページを検索する検索ステップと、検索した各ウェブページからアンサータイプに基づいて解答候補を順次抽出する解答候補抽出ステップと、抽出した各解答候補に基づいて候補選択スニペットをクラスタに割り当て、これをトレーニングデータとするクラスタリングステップと、トレーニングデータを解析することによりクラスタを分類し、更にトレーニングデータの解析と同一解析条件の下で質問文を解析し、当該質問文の解析結果と最も類似するクラスタを順に抽出し、これを応答として出力する分類ステップとを有することを特徴とする。図は質問応答システムの処理手順を示すフローチャートである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 オープンドメインな質問応答システムを実現する上で、その解答の正答率を向上させることが可能となる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT