着霜除去装置及び着霜除去方法

開放特許情報番号
L2009000594
開放特許情報登録日
2009/2/6
最新更新日
2011/7/15

基本情報

出願番号 特願2006-077152
出願日 2006/3/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-253649
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4761371号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 着霜除去装置及び着霜除去方法
技術分野 輸送、機械・加工
機能 安全・福祉対策、機械・部品の製造、接着・剥離
適用製品 霜除去装置
目的 トロリ線に付着した霜を簡単な構造によって低コストに除去することができる着霜除去装置及び着霜除去方法の提供を目的とする。
効果 トロリ線に付着した霜を簡単な構造によって低コストに除去することができる。
技術概要
図に示すように、車両がA方向に走行しているときに、回転ブラシ部がB方向に回転すると、トロリ線に付着した霜にブラシが次々に衝突して、霜に連続して打撃力が加わる。この打撃力によって霜がトロリ線から叩き落される。 ブラシによって打撃力が加えられた後に、トロリ線に霜の種が残存しているときには、この霜の種がブラシによってトロリ線から掃き取られ除去される。 回転ブラシ部がB方向に回転すると、ブラシの毛先が抑制剤付着部内の抑制剤と接触して、このブラシに抑制剤が付着する。 回転ブラシ部がB方向にさらに回転すると、ブラシの毛先がトロリ線と接触し、ブラシに付着した抑制剤がトロリ線に塗布される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT