停止した加力ギヤ円周長のn倍長と同長の分だけ、車軸からの主柄先遊星ギヤ(固定)を右まわり自転(m倍)させてできるチェーンのピッチの分だけ車軸ギャの右まわりチェーンで、上記主柄を左まわり公転させて、無限回転クリーンエネルギーを産出させる(無公害)

開放特許情報番号
L2009000579
開放特許情報登録日
2009/2/6
最新更新日
2009/12/11

基本情報

出願番号 特願2008-167925
出願日 2008/5/30
出願人 下沢 良次
公開番号 特開2009-287546
公開日 2009/12/10
発明の名称 創転車
技術分野 機械・加工
機能 その他
適用製品 発電機等(1)項に記載したとおり。
目的 公害を皆無にする(1)項に記載したとおり。
効果 無公害の無限エネルギー産出等前記のとおり。
技術概要
固定した車軸のサンギャに巻いたチェーン等を、左まわり公転の反対右回りにほどいて、回転運動エネルギーの距離を得る。ほどかれたチェーンを主柄先遊星小ギヤで巻きとり、遊星軸固定の遊星サンギヤにまわる中小ギヤに加力しつつ、右まわり自転力モーメントを生ませる。 その回転力を前記小ギヤとサンギヤからのチェーンで、左まわり公転力をつくらせるわけである。 上記車軸サンギヤと同径の加力ギヤで、前記チェーンを巻きとれば、停止加力による自公転を発生させ、無限回転エネルギー現出の大挙(発電を含むクリーンエネルギーになる)創出可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 
希望譲渡先(国外) 【可】 
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

登録者情報

登録者名称 下沢 良次

技術供与

技術指導 【可】
期間 1時間以上(構造、材質選択で製作
技術指導料 【要】 
コンサルティング 【可】
コンサルティング料 【要】 

事業化情報

事業化条件
特別資格 【要】 
設備費用 【有】機械と送発電気工場
ポテンシャル 【要】 
マーケット情報 【有】 
質的条件
追加開発 【要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
設備購入ルート
自社ルート提供 【可】
設備メーカ紹介 【可】
販売ルート
自社ルート提供 【可】
販売会社紹介 【可】
Copyright © 2018 INPIT