電気転てつ機用負荷トルク測定器

開放特許情報番号
L2009000559
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2011/7/29

基本情報

出願番号 特願2008-104241
出願日 2008/4/14
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-213837
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4719240号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 電気転てつ機用負荷トルク測定器
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 電気転てつ機用負荷トルク測定器
目的 小型軽量で現場への持運びが容易であるとともに、正確に電気転てつ機の負荷トルクを測定することのできる負荷トルク測定器を提供する。
効果 簡単に、かつ、正確に電気転てつ機の動的負荷トルクを計測することができるとともに、動作かんのストロークを推定することができる。
技術概要
鉄道の分岐器を転換鎖錠する電気転てつ機の負荷の大きさを測定する負荷トルク測定器は、電気転てつ機を駆動するモータの駆動電流及び電圧を測定する手段と、モータの駆動電流及び電圧からトルク換算するデータを記憶した手段と、その記憶されているデータを基に転換中に測定したモータの駆動電流及び電圧の値からトルク換算を行って、動的負荷トルクとして記憶又は表示する手段と、測定されたモータの駆動電流の変化から電気転てつ機の動作かんのストロークを推定するストローク推定手段と、を有する。負荷トルク測定器に計測側と判定値設定側の任意の一方を指示する手段を設けて、その負荷トルク測定器を判定値設定側に指示した後に電気転てつ機を人為的に転換不能状態にさせ、予めクラッチがすべりを開始する直前に計測したモータの駆動電流及び電圧を用いてトルク換算された動的負荷トルクの値を判定値として記憶させ、その負荷トルク測定器を計測側に切り換えて計測されたモータの駆動電流及び電圧の値からトルク換算された動的負荷トルクと共に記憶又は表示させ、あるいは、判定値と動的負荷トルクとの比較した値を記憶又は表示させる手段を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT