推進浮上案内兼用地上コイル及びその配線方法

開放特許情報番号
L2009000544
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2012/10/19

基本情報

出願番号 特願2007-074408
出願日 2007/3/22
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-236936
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第5073334号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 推進浮上案内兼用地上コイルの配線方法
技術分野 輸送、電気・電子
機能 その他
適用製品 推進浮上案内兼用地上コイル
目的 施工時の作業が簡便であり、その地上コイルの管理が容易な推進浮上案内兼用地上コイル及びその給電配線方法を提供する。
効果 推進浮上案内兼用地上コイルの施工時の作業を簡便にし、その管理を容易に行うことができる。
技術概要
図1は推進浮上案内兼用地上コイルの正面図、図2はその推進浮上案内兼用地上コイルの側面図、図3はその地上コイルの巻線仕様図である。推進浮上案内兼用地上コイルは、上部コイル2と下部コイル3とを具備する日の字形状の巻線コイル1と、この巻線コイル1の下部に突設され、正面から見て左側に位置する1個の口出し端子導体4と、巻線コイルの下部に突設され、正面から見て右側に位置する2個の口出し端子導体5、6とを備える口出し端子部を具備する。その推進浮上案内兼用地上コイル1の巻線仕様は、図3のようになっている。つまり、上部コイル2には口出し端子導体4と口出し端子導体5、6間に18回巻コイルが2個直列に接続されている。また、下部コイル3には口出し端子導体4と口出し端子導体5、6間に17.5回巻コイルが2個直列に接続されている。図4は推進浮上案内兼用地上コイルの給電配線状態を示す図であり、この推進浮上案内兼用地上コイル1は山側でも海側でもこの一種類の推進浮上案内兼用地上コイル1を配置するのみでよい。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT