劣化状態測定装置及び劣化状態測定方法

開放特許情報番号
L2009000538
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2007-068287
出願日 2007/3/16
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2008-232637
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第4888901号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 劣化状態測定装置及び劣化状態測定方法
技術分野 機械・加工
機能 検査・検出
適用製品 劣化状態測定装置
目的 測定対象物の劣化状態を精度よく評価することができる劣化状態測定装置及び劣化状態測定方法を提供する。
効果 測定対象物の劣化状態を精度よく評価することができる。
技術概要
抵抗測定部7は、測定対象物Iの絶縁抵抗を乾燥状態及び湿潤状態で測定し、劣化状態判定部8は抵抗測定部7の測定結果に基づいて測定対象物Iの劣化状態を判定する。測定対象物Iに接触子2と接触子3とを接触させた状態で、測定対象物Iの抵抗値を乾燥状態で抵抗測定部7が測定する。この状態で、噴霧装置などを使用して水などの液体を測定対象物Iに噴霧し、測定対象物Iの抵抗値を湿潤状態で抵抗測定部7が測定する。乾燥状態の抵抗値及び湿潤状態の抵抗値に基づいて劣化状態判定部8が測定対象物Iの劣化状態を判定し、この測定対象物Iの汚損状態を測定する。図1、図2及び図3に示すように、測定対象物Iの劣化状態を測定する劣化状態測定装置であって、測定対象物の絶縁抵抗を乾燥状態及び湿潤状態で測定する抵抗測定部7と、抵抗測定部の測定結果に基づいて測定対象物の劣化状態を判定する劣化状態判定部8とを備える劣化状態測定装置1である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT