鉄道車両用防振体の試験装置

開放特許情報番号
L2009000453
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2006-158679
出願日 2006/6/7
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-327831
公開日 2007/12/20
登録番号 特許第4892281号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鉄道車両用防振体の試験装置
技術分野 輸送
機能 検査・検出
適用製品 防振のために鉄道車両に取り付けられる鉄道車両用防振体の試験装置に適用する。
目的 加振手段によって多自由度の変位を鉄道車両用防振体に与える鉄道車両用防振体の試験装置を提供する。
効果 多自由度の変位に対する鉄道車両用防振体の応答特性を試験することが可能になる。
技術概要
(A)供試体1の一端1aを支持するモーションベース2とから構成される鉄道車両用防振体を加振する多自由度の加振手段と、(B)この加振手段の加振による鉄道車両用防振体の動作を計測する、供試体1の他端1bに6分力計20とからなる計測手段と、(C)鉄道車両の運動シミュレーションの結果に基づいて変位情報を生成する車両運動シミュレーション部6、鉄道車両の実際の走行時における鉄道車両用防振体の動作の結果に基づいて変位情報を生成する実車両走行データ再生部7、及び所定の振動波に基づく変位を鉄道車両用防振体に与えるための変位情報を生成する特性同定用振動波発生部8等から構成され、加振条件を決定し、モーションベースコントローラ3の指示によりモーションベース2が有するシリンダを伸縮させる情報生成手段と、を備える鉄道車両用防振体の試験装置にする(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT