接触力によるパンタグラフ揚力の推定方法

開放特許情報番号
L2009000443
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2011/6/3

基本情報

出願番号 特願2006-062680
出願日 2006/3/8
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-244091
公開日 2007/9/20
発明の名称 接触力によるパンタグラフ揚力の推定方法
技術分野 輸送
機能 検査・検出
適用製品 すり板、舟体、新幹線
目的 トロリ線とパンタグラフの間に作用する接触力を測定、評価するパンタグラフの接触力測定方法及び接触力測定装置において、実施するのが容易で、コストの低減を測ることができる接触力によるパンタグラフ揚力の推定方法の提供。
効果 車両の走行時のトロリ線からパンタグラフへの接触力と離線を測定しておき、両者のデータを用いてパンタグラフからトロリ線への揚力を推定することによって、パンタグラフ揚力の推定を、容易に、かつ低コストで実施することができる。
技術概要
 
この技術は、接触力によるパンタグラフ揚力の推定方法において、車両の走行時のトロリ線からパンタグラフへの接触力と離線を測定しておき、両者のデータを用いてパンタグラフからトロリ線への揚力を推定するようにしたものである。離線は、F↓m −3σ=0(F↓m:接触力平均、σ:接触力標準偏差)で発生することにより、離線が発生する箇所の平均接触力F↓m(F↓m =3σ)を求め、この平均接触力F↓mと、速度vからそのときのパンタグラフ揚力F↓aを求めることができる。また、パンタグラフ揚力F↓aと速度vから揚力係数k↓a(k↓a=F↓a/v↑2 )を求め、この揚力係数k↓aを用いることにより、車両の任意の速度におけるパンタグラフ揚力を求めることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT