発車安全装置

開放特許情報番号
L2009000408
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2005-348721
出願日 2005/12/2
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-153045
公開日 2007/6/21
登録番号 特許第4630182号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 発車安全装置
技術分野 情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 ホームドア、RFIDタグ、RFIDタグリーダ、位置検出装置
目的 プラットホームの前端縁近傍に上下動可能に、かつ、プラットホームの長さの方向に相互に間隔をおいて複数設けられた遮蔽体を含む、列車の発車安全装置であって、列車のドアを閉めた際に、列車の乗降口付近に旅客が存在しないことを確認した後で、列車を発車させることができる発車安全装置の提供。
効果 列車のドアが閉まる時に、乗降口付近に人やものが存在する場合、それを検知し、異常を通報することができるだけでなく、人や荷物が載っている状態で遮蔽板が上昇することを防止し、安全に列車を発車させることができる。
技術概要
この技術の発車安全装置は、プラットホームの前端縁近傍に上下動可能に、かつ、プラットホームの長さの方向に相互に間隔をおいて複数設けられた遮蔽体と、列車のドア位置に対応する位置の遮蔽体を上下動させる駆動部と、駆動部を制御する制御部と、下降した状態の遮蔽体上に人または物が存在するかを検出するセンサと、を備える。また、この技術の発車安全装置は、列車のドアを閉める操作が行われることを検出するドア操作検知部をさらに備え、センサは、ドア操作検知部が列車のドアを閉める操作が行われることを検出した後に、遮蔽体上に人または物が存在するかの検出を開始するように制御されている。駆動部は、空気圧シリンダであり、センサは、空気圧シリンダ内に別に設けられた空気圧シリンダ内の空気圧の上昇、又は、シリンダ内に設けられた位置センサにより遮蔽体上に人または物が存在するかを検出するように設けられている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT