適性検査評価システム

開放特許情報番号
L2009000375
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2009/1/30

基本情報

出願番号 特願2005-225786
出願日 2005/8/3
出願人 財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-041878
公開日 2007/2/15
発明の名称 適性検査評価システム
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 作業性検査、識別性検査、注意配分検査、機敏性検査、ヒューマンエラー、作業リスク評価システム
目的 職務内容に最適な適性検査を提案するための適性検査評価システムであって、所定の職務に適した人材か否を評価する際に、所定の職務に対する適性検査の適合度を定量的に提示することができ、最適な適性検査の選択に資する適性検査評価システムの提供。
効果 予め行われた複数の被験者による適性検査の検査結果と、ヒューマンエラーが分類される複数のエラータイプをそれぞれ模擬した実験から求められる、複数の被験者のエラータイプ別のエラー傾向値と、を利用して、所定の職務への各適性検査の適合度を定量的に算出するものであるから、所定の職務に対する適性検査の適合度を定量的に提示することができ、最適な適性検査の選択に資する適性検査評価システムを提供することができる。
技術概要
この技術の適性検査評価システムは、パーソナルコンピュータ本体(PC本体)、出力表示装置としてのディスプレイ及び入力装置としてのキーボードとから構成されている。PC本体は、各種演算を行うための演算装置及び各種情報を格納するための記憶装置を備えている。PC本体の記憶装置は、複数の被験者による複数の適性検査の検査結果と、ヒューマンエラーが分類される複数のエラータイプをそれぞれ模擬した実験から求められる、複数の被験者のエラータイプ別のエラー傾向値と、を保有し、演算装置は、所定の職務に対して想定される想定エラーを用いて、エラー傾向値から複数の被験者毎の所定の職務に対する総合評価値を算出し、この複数の被験者毎の所定の職務に対する総合評価値と、複数の被験者毎の適性検査の検査結果との相関分析を行うことにより、所定の職務に対する各適性検査の適合度としての相関係数を算出する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT