ICカード管理システム

開放特許情報番号
L2009000374
開放特許情報登録日
2009/1/30
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2005-225511
出願日 2005/8/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-041863
公開日 2007/2/15
登録番号 特許第4747279号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 ICカード管理システム
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 鉄道施設、駅構内、改札システム、入金装置としてのチャージシステム、IC乗車券
目的 カード使用装置と、このカード使用装置で使用されるICカードの使用履歴を管理する管理側システムとが通信接続されて構成されるICカード管理システムにおいて、ICカードの使用履歴の特定を基本的に不能として蓄積管理されるデータ自体を無意味化する一方、ユーザが希望した場合等必要に応じて使用履歴の特定が可能な仕組みの実現。
効果 管理側システムにおいて、カード情報記憶手段に蓄積記憶されるデータを無意味化してICカードの使用履歴の特定を不能とする一方、ユーザ操作によって発行パスワードの入力が行われた場合にはICカードの使用履歴の特定が可能な仕組みを実現することができる。
技術概要
この技術のICカード管理システムは、ICカードとの間で近距離無線通信を行ってICカード内のデータを書き換えるとともに、ICカードから識別IDを含むカード情報を取得するカード使用装置と、送信されるカード情報をカード情報記憶手段に蓄積記憶してICカードの使用履歴を管理する管理側システムとが通信接続されて構成される。管理側システムは、識別ID新たな乱数IDを発行する乱数ID発行手段と、受信した識別IDを発行された乱数IDと置き換えてカード情報記憶手段に書き込むカード情報書込手段と、ユーザ操作に従って識別ID入力手段により入力された識別IDに基づいて、発行された乱数ID列と同じ乱数ID列を発生するID列発生手段を備える。また、時刻情報に従った乱数IDの羅列が発行された乱数ID列と一致するカード情報を、記憶されているカード情報の中から抽出する抽出手段と、抽出されたカード情報に基づき、識別ID入力手段により入力された識別IDが割り当てられたICカードの使用履歴を特定する特定手段とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT