車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システム

開放特許情報番号
L2009000346
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2011/10/21

基本情報

出願番号 特願2005-198357
出願日 2005/7/7
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2007-015527
公開日 2007/1/25
登録番号 特許第4822500号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車両の誤出発防止システム
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 出発信号機、自動列車停止装置、信号冒進警報装置
目的 簡単な構成で安価に車両の誤出発や設備機器の誤操作を防止することができる車両の誤出発防止システム及び設備機器の誤操作防止システムの提供。
効果 本技術によれば、簡単な構成で安価に車両の誤出発や設備機器の誤操作を防止することができる。
技術概要
この技術では、誤出発防止システムは、出発信号機の信号現示が停止信号から停止信号以外の信号(例えば、進行信号)に変化する前に、車両を誤って出発させるのを防止するシステムである。戸閉め通知装置は、車両のドアの閉鎖を通知する手段である。警告発生装置は、戸閉め完了の通知から所定時間経過する前に、車両を出発させるための操作をしたときに警告を発生する手段である。警告発生装置は、例えば、戸閉め完了の通知がされてから所定時間経過する前にブレーキ装置を運転士が緩解したときに警告を発生する。このため、所定時間内は運転士に安全確認を徹底させ、出発信号機の信号現示を運転士が十分に確認せずに車両を出発させないように運転士に注意を喚起することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT