携帯型遠近知覚測定装置

開放特許情報番号
L2009000343
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2011/6/3

基本情報

出願番号 特願2004-350008
出願日 2004/12/2
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2006-158434
公開日 2006/6/22
発明の名称 携帯型遠近知覚測定装置
技術分野 生活・文化
機能 検査・検出
適用製品 眼の疲労度、両眼視による遠近輻輳調節時間
目的 作業現場でリアルタイムに精確な眼精疲労度の判定を行うことができる携帯型遠近知覚測定装置の提供。
効果 本技術によれば、携帯型であり作業現場でリアルタイムに眼精疲労度の判定を行うことができる。又、近点距離を連続的に精度よく測定することができる。又、遠点・近点調節(緊張および弛緩)時間の測定ができる。又、遠点および近点視標の位置を自動的にデジタルで読み取ることができる。
技術概要
携帯型遠近知覚測定装置において、この技術では、接眼部、刺激発生部と距離・反応時間計測部とを有する本体と、この本体の側部に配置される応答部と、前記本体及び応答部に接続される電源と、この電源に接続されるとともに、前記本体からの情報と応答部からの情報を処理する制御装置とからなる。よって、携帯型であり作業現場でのリアルタイムに視覚疲労判定を行うことができる。即ち、近点視標装置のランプと遠点視標装置のランプは制御装置に接続されて、点滅が制御できるように構成されている。また、エンドレスベルトの駆動用モータとエンドレスベルトの駆動用モータは制御装置に接続されて、近点視標装置と遠点視標装置の移動制御が可能に構成され、さらに、近点視標(ランドルト環)と遠点視標(ランドルト環)も制御装置に接続されており、ランドルト環の向き制御できるように構成されている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT