電気車両システム

開放特許情報番号
L2009000325
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2009/1/23

基本情報

出願番号 特願2001-177156
出願日 2001/6/12
出願人 財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2002-369309
公開日 2002/12/20
発明の名称 電気車両システム
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 交流モータ等を用いて鉄道車両を加減速させる電気車両システム
目的 直流き電区間及び交流き電区間の両区間で共用することができる電圧制御回路を備え、交流用電気車両の回路変更を伴わずに直流区間に乗り入れ可能とし、且つ、高速域での力行トルク及び回生トルクを増大することができる電気車両システムの提供。
効果 本技術によれば、直流き電区間及び交流き電区間の両区間で共用することができる電圧制御回路を備えることにより、交流用電気車両の回路変更を伴わずに直流区間に乗り入れ可能とし、且つ、高速域での力行トルク及び回生トルクを増大することができる。
技術概要
本技術の電気車両システムは、交流電圧の印可を受けて交流電圧に対応したトルクを車軸に与える主電動機と、主電動機に接続され、電圧を制御する電圧制御回路と、を備え、電圧制御回路は、入力された直流電圧を交流電圧に変換して、主電動機に変換した交流電圧を印可するインバータと、インバータに入力する直流電圧を制御する昇降圧回路と、で構成され、昇降圧回路は、4象現可逆チョッパまたは2並列の2象現直流可逆チョッパの構成である。ここで、電圧制御回路は、PAM制御方式の回路にすることができ、さらに、電圧制御回路を所定の期待粘着ブレーキパターンμに基づいて制御する制御手段を備える、ことができる。このとき、期待粘着ブレーキパターンμは、車両速度をVt[km/h]としたとき、「μ=b/(Vt+a)」の関数で示され、係数a及びbは、関数で示される反比例曲線上の任意の2点での値によって決定される、ようにするとよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT