車上データを自動修正する列車制御装置

開放特許情報番号
L2009000324
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2001-149125
出願日 2001/5/18
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2002-337688
公開日 2002/11/27
登録番号 特許第4589564号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 車上データを自動修正する列車制御装置
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 地上子位置、軌道回路境界位置
目的 車上データを参照して制御を行う列車制御装置において、列車が走行中に自動的に車上データを修正する列車制御装置の提供。
効果 本技術によれば、車上データを参照して行う列車制御装置において、複雑な運用を行うあらゆる車種の列車に対して、走行中に計測した地上設備の計測データを処理することによって簡単且つ確実に車上データの自動修正を行えるようになった。従って、従来の複雑な車上データメンテナンスシステムが不用になった。
技術概要
この技術では、制御装置は概ね連続N個の地上設備の計測データを取得し、車上データとの誤差を調べ、誤差が許容範囲以内の地上設備がM個以下か否か判断する。但しM≦Nである。YESなら、制御装置は許容誤差を超える地上設備について複数回の走行を行って複数個の計測データを取得する。続いて、制御装置は複数個の計測データを処理し統計的処理が施された計測データを夫々算出し、統計的処理が施された車上データに該当する車上データがあるかを調べ、YESなら車上データを統計的処理が施された計測データで置換し、車上データの自動修正を行う。尚、計測データと車上データとの誤差が許容誤差範囲以内にある地上設備の数がM個に満たない場合や、N個を超える数である場合には、制御装置2は地上設備の計測系が異常であると判断し、車上データの自動修正プログラムを終了させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT