トロリ線の機械インピーダンスの測定方法

開放特許情報番号
L2009000315
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2000-375657
出願日 2000/12/11
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2002-178796
公開日 2002/6/26
登録番号 特許第4523719号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 トロリ線の機械インピーダンスの測定方法
技術分野 輸送
機能 検査・検出
適用製品 電気鉄道、パンタグラフ
目的 パンタグラフの接触力と車体の上下振動とに基づき、トロリ線の機械インピーダンスを走行中の車体上で測定することができる方法の提供。
効果 本技術によれば、走行中の車両上でトロリ線の機械インピーダンスを求める方法を提供することができる。
技術概要
この技術では、走行中の車両のパンタグラフ接触力と、パンタグラフのある車両の車体上下加速度から、両者の間の周波数応答関数H(ω)をH(ω)=Wc/Wpにより求める。この式において、Wcはパンタグラフ接触力と車体上下加速度とのクロススペクトルを表し、Wpはパンタグラフ接触力のパワースペクトルを表す。そして、予め求めた上下加速度に対する接触力の周波数応答関数H↑´(ω)の計算結果と、走行中の車両における実測データを用いた車体上下加速度とパンタグラフ接触力の周波数応答関数H(ω)の計算結果との誤差が最小となるような、トロリ線の機械インピーダンスを推定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT