認証方法および証明データ管理装置

開放特許情報番号
L2009000312
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2000-291697
出願日 2000/9/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2002-099646
公開日 2002/4/5
登録番号 特許第4353492号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 検札支援方法および検札支援システム
技術分野 輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 金銭の支払い済み証明、契約内容
目的 ユーザに係る一定事項を証明するデータを端末装置に送信し、その内容を表示させることで、当該事項を証明する認証方法およびその証明データ管理装置の提供。
効果 本技術によれば、証明データ管理装置が一意的に識別されたユーザ端末装置に証明データを送信することにより、ユーザに係る一定事項の証明を可能とするため、ユーザがユーザ端末装置を所持していれば、証明データ管理装置に管理されている種々の事項について、容易かつ確実に認証することができる。
技術概要
この技術の電子切符システムでは、端末装置から切符データ発行要求信号が送信されると、サーバがその端末装置と発行された切符データとを対応づけて切符データレコードを生成し、切符データテーブルに格納する。端末装置のユーザは、切符を提示する必要が生じた場合に、サーバに切符データ確認要求信号を送信することによって、その端末装置に切符データが送信され、切符データの内容が表示される。したがって、ユーザは、紙片に印刷された切符や磁気カードに記録された切符等を所持する必要がなく、端末装置を所持するだけで、切符を購入した(切符データが発行された)交通機関の利用が可能となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT