コンクリート灌漑水路及び灌漑水路用コンクリートブロック

開放特許情報番号
L2009000288
開放特許情報登録日
2009/1/23
最新更新日
2009/3/6

基本情報

出願番号 特願2003-018495
出願日 2003/1/28
出願人 新生興産株式会社、栃木県
公開番号 特開2004-232213
公開日 2004/8/19
登録番号 特許第3817225号
特許権者 新生興産株式会社、栃木県
発明の名称 コンクリート灌漑水路及び灌漑水路用コンクリートブロック
技術分野 土木・建築、食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 コンクリート水路、コンクリートブロック、カエル、ヘビ、昆虫
目的 カエル、ヘビ、昆虫などの生物が、水路を横断し、あるいは水路から地上へ這い上がりやすいようなコンクリート灌漑水路とこれを構成するブロックの提供。
効果 この技術によれば、生物が容易に渡り通路を這い上って順次上方のステップへ移動したり、直接上段のステップへ移動したり、通路又はステップに留まったり、また水路外へ容易に脱出することができ、生物の生息環境を乱すことのない、環境調和形の灌漑水路を提供することができる。
技術概要
この技術では、上広がりに傾斜する対向一対の側壁を有するコンクリート灌漑水路における側壁の対向面に、水流方向に一定幅にわたって上下複数段の階段状ステップを設けると共に、上下のテップ間をほぼ斜めに接続するように側壁の対向面に複数の渡り通路を設ける。水路の側壁にオーバーハングした部分がないので、生物は、容易に渡り通路を這い上って順次上方のステップへ移動したり、通路又はステップに留まったり、また水路外へ脱出することができる。階段状ステップと渡り通路を側壁の対向面に突出する多数の突起から構成し、その突起を、円柱、楕円柱又は多角柱の一端を斜めに切り取った切片の形状とし、側壁の対向面の傾斜に沿って弧を上にしてほぼ水流方向に列をなして突出させ、突起の外周にステップと渡り通路を形成する。これにより、生物が移動しやすく、製作が容易で美観も良好なコンクリート灌漑水路が構成できる。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 栃木県農政部

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT