第何週目か分かるカレンダー

開放特許情報番号
L2009000243
開放特許情報登録日
2009/1/16
最新更新日
2018/6/6

基本情報

出願番号 特願2003-436540
出願日 2003/12/13
出願人 吉本 文子
公開番号 特開2005-170023
公開日 2005/6/30
登録番号 特許第4178323号
特許権者 吉本 文子
発明の名称 第何週目か分かるカレンダー。
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 カレンダー(1年、1ヶ月、手帳、日めくりなど)
目的 月内の日にちがその月の第何週に属するかを一目で確認できるカレンダーの実現
効果 月の第何何曜日の日を探す際、また、当日が第何何曜日かを知る際、これまでのように、自らの労力で数える煩わしさや、数え間違いがなくなり、正確にすぐ分かるようになる。
技術概要
1.この技術は、ひと月の日付が4〜6行に配列された一般的なカレンダーと、ひと月の日付が1列で配列された予定表タイプのカレンダーにおいては、各日付の背景に日付とイメージの違う第何週の数字を模様のように薄く表示したり、日付背景の色を第何週ごとに反転させることにより、月の第何何曜日の日、もしくは当日が月の第何何曜日なのかがすぐわかるカレンダーの技術である。

2.1.にある一般的なカレンダーにおいては、探したい曜日の列の第何週の数字を、目的の数字まで辿るだけで月の第何何曜日の日がすぐ探せるようになっており、これまでのように日付をひとつひとつ点で追うように数える必要がない。また、当日が第何何曜日なのかも、逆に辿るだけですぐ分かるようになっている。

3.1.にある予定表タイプのカレンダーにおいては、第何週ごとに日付欄の背景色を反転させ、その列先頭に、各日が月の第何週目にあたるのかの表示をし、第何週の背景色の範囲内で曜日を探すことにより月の第何何曜日の日がすぐ探せるようになっている。また、それを逆に辿るだけで当日付が月の第何何曜日なのかもわかるようになっている。

4.ページをまたぐ手帳などにも設けることができる。
イメージ図
実施実績 【有】  2010年4月より販売。・高知県下ツタヤ(一部店舗)・高知市内文具店・書店等で販売。 ◎当カレンダー1店舗平均販売数  〇2017年 一般2.1本 予定表8.2本  〇2018年 一般3.2本 予定表7.0本  
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 1.当技術のカレンダーは、第何何曜日の日を探す際、これまでのように日付や曜日をひとつずつ数える煩わしさや数え間違いがなく、また、これまでのカレンダー形式をほとんど変えることが無い技術のため、販売する側も使う側も取り入れやすい。

2.第何何曜日の日を知りたいときは、「曜日と、薄い数字」、「第何週の数字の背景色内の、曜日」という風に、見る者の単純な認識によって分かるため、スマフォなどの複雑な機械操作と違い、老若男女問わず誰にでも理解しやすい。

3.第何何曜日の予定が多い場合は、横にあるメモ欄に予め印付きでその予定を記入し、各日には印のみを記入するという方法をとることで、各日にスペースができ、カレンダー内を簡潔にすることも可能である。

4.一般的なカレンダーに当技術を使用した場合、日常の日曜日から土曜日の1週間を見ている中で、ふと今日が第何何曜日なのかを見る際、(すぐ横の薄い数字)、そして(その上の曜日)、という風に逆に辿れば良いため、これまでのように視点をあちこち動かす必要がない。また、隣接する日付が次週に変化している場合もすぐわかる。

5.第何週の数字は、模様のように薄い表示のため、メモの書き込みにも不自由がない。
出展実績 平成24年11月22日開催24年度(第55回)高知県発明くふう展
平成25年度高知家のいい物・おいしい物発見コンクール

登録者情報

登録者名称 クリエート・アヤ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT