超音波造影装置

開放特許情報番号
L2009000192
開放特許情報登録日
2009/1/9
最新更新日
2015/9/25

基本情報

出願番号 特願2008-243000
出願日 2008/9/22
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2010-069243
公開日 2010/4/2
登録番号 特許第4911636号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 超音波造影装置
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 フィルタ法、パルスインバージョン法、サブトラクション法
目的 超音波造影剤を用いた画像診断において、超音波造影剤を含む生体組織のコントラスト分解能を高め、的確な診断に寄与することができる超音波造影装置の提供。
効果 本技術によれば、超音波造影剤を用いた診断に対して、近年登場した長い造影効果を有するソナゾイドにも十分対応でき、従来法よりも高いコントラスト強調を伴う超音波造影装置を提供することが可能となる。
技術概要
この技術では、超音波造影剤を含む生体組織に対して超音波パルスを送信し、任意の組織部位から発せられる散乱波形を受信するエコー受信部と、散乱波形のパワースペクトルを算出するパワースペクトル算出手段と、パワースペクトルの分散、標準偏差又は半値幅で定義されるスペクトル幅を特徴量として算出するスペクトル幅算出手段と、対象とする生体組織内全てにおいて求めて特徴量を求めその空間分布を得るように各手段を制御する制御手段と、制御手段の制御により、対象とする生体組織内全てにおいて求めた空間分布を出力する出力手段を備え、超音波造影剤を含む生体組織を識別ないし可視化する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT