樹状物質およびそれを含む構造体

開放特許情報番号
L2009000180
開放特許情報登録日
2009/1/9
最新更新日
2015/9/25

基本情報

出願番号 特願2008-234237
出願日 2008/9/12
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2009-280479
公開日 2009/12/3
登録番号 特許第5219137号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 樹状物質およびそれを含む構造体
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 樹状物質およびそれを含む構造体
目的 可視光での高度な光触媒活性を有し、安価で大量製造が可能な光触媒材料を提供する。
効果 この樹状物質は表面積が大きく光触媒活性が高いため、空気浄化や水浄化用の光触媒として使用することができる。この樹状物質を含む構造体の表面は親水的であるため、防曇、防汚部材への応用が可能となる。特に、可視光での活性を有するため、紫外線の少ない室内照明で使用する可視光応答性光触媒として応用することができる。
技術概要
六方晶の酸化タングステンからなる樹状物質は、樹状物質は幹部と枝部からなり、幹部は(001)方向に、枝部は(001)方向に配向している。幹部の太さが20nm〜500nm、枝部の太さが5nm〜200nmの範囲である。幹部の長さが100nm〜10μm、枝部の長さが10nm〜2μmの範囲である。枝部同士が中心となる幹部に対して6回対称で接合している。結晶安定化剤が含まれている。結晶安定化剤は、プロトン、リチウム、ナトリウム、カリウム、ルビジウム、セシウム、ベリリウム、マグネシウム、カルシウム、ストロンチウムおよびバリウムから選択される少なくとも一種のカチオンである。樹状物質の表面に触媒活性化剤が設けられている。触媒活性化剤は、白金、銀、金、パラジウム、ニッケル、銅、鉄、クロム、ルテニウム、鉛、チタン、ニオブ、バナジウムおよびセリウムから選択される少なくとも一種の金属もしくは金属化合物である。触媒活性化剤は樹状物質の幹部の先端から800nmよりも深い位置に設けられている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT