ゲームプログラムおよびゲーム装置

開放特許情報番号
L2009000047
開放特許情報登録日
2009/1/9
最新更新日
2009/1/9

基本情報

出願番号 特願2006-228243
出願日 2006/8/24
出願人 大侑物産株式会社
公開番号 特開2008-048908
公開日 2008/3/6
登録番号 特許第4088675号
特許権者 大侑物産株式会社
発明の名称 ゲームプログラムおよびゲーム装置
技術分野 生活・文化、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ゲームプログラムおよびゲーム装置
目的 プレーヤが飽きることなく長時間楽しめるゲームプログラムおよびゲーム装置を提供する。
効果 ゲームの難易度が高まると共に娯楽性も高まり、プレーヤが飽きることなく長時間にわたって楽しめるゲームプログラムを実現できる。また、ゲームクリアとなる前に仮名ブロックがプレーヤ体に衝突すると、ゲームオーバ判定手段によりゲームオーバと判定されるので、限られた時間内でコードに対応した仮名文字を探して弾を衝突させなければならず、プレーヤにスリルを与えて、ゲームプログラムの娯楽性をさらに高めることができる。
技術概要
図1はゲームプログラムが組み込まれたコンピュータの概略構成図である。このコンピュータでゲーム装置が構成され、ゲーム装置は、ゲームプログラムを実行するCPU1と、ゲームプログラムを実行する際に必要なパラメータなどを記憶するRAM2と、CD−ROM3からデータを読み込むドライブ装置4とがバス10を介して接続される。またバス10には、例えばキーボードからなりプレーヤ体を左右に移動させるための左矢印キーK1および右矢印キーK2や発射操作のための上矢印キーK3を有する操作手段5と、ゲーム画面の画像データを生成して、生成した画像データを出力する画像処理部6と、画像処理部6から入力された画像データをもとにゲーム画面を表示する表示装置7とが接続される。またCPU1には、バス10を介して、仮名書きされた単語を複数記憶する単語データベース8や、複数のコードと各コードにそれぞれ対応する1乃至複数の仮名文字との対応関係を示すコード−仮名文字変換テーブルを記憶する変換テーブルデータベース9が接続されている。図2は動作を説明するフローチャート、図3は初期画面の説明図、図4はゲーム画面の説明図、である。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大侑物産株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT