赤色蛍光体、赤色蛍光体の製造方法、及びEL素子

開放特許情報番号
L2008005905
開放特許情報登録日
2008/12/5
最新更新日
2008/12/5

基本情報

出願番号 特願2005-216154
出願日 2005/7/26
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2007-031549
公開日 2007/2/8
発明の名称 赤色蛍光体、赤色蛍光体の製造方法、及びEL素子
技術分野 電気・電子、金属材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 赤色蛍光体、EL素子
目的 色純度及び輝度に優れる赤色蛍光体、この赤色蛍光体の製造方法、及び、赤色蛍光体を含むEL素子の提供。
効果 純度及び輝度に優れる赤色蛍光体、この赤色蛍光体の製造方法、及び、赤色蛍光体を含むEL素子を提供することができる。
技術概要
 
この技術では、組成式1で表される硫化物を含有する母材を有し、この母材に対し発光中心としてEuを含有してなり、更に母材が組成式2で表される硫酸塩を含む赤色蛍光体を提供する。組成式1:Sr↓(1−x)Ba↓xS組成式2:Sr↓(1−x)Ba↓xSO↓4〔式中、xは、0≦x≦1である。〕組成式1において、xが0.2≦x≦0.4であることが好ましい。また、X線回折法によって得られる、組成式1で表される硫化物のピーク強度に対して、組成式2で表される硫酸塩のピーク強度の比率が、10〜70%であるとすることが好ましい。また、少なくとも、Srを含有する化合物、Baを含有する化合物、及びEuを含有する化合物を硫黄雰囲気又は活性炭雰囲気下で焼成する赤色蛍光体の製造方法を提供する。この製造方法において、Euを含有する化合物が、EuSであるとすることができる。また、Srを含有する化合物が、少なくともSrSを含むとすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT