色素センサおよび記録用セット

開放特許情報番号
L2008005903
開放特許情報登録日
2008/12/5
最新更新日
2008/12/5

基本情報

出願番号 特願2006-179557
出願日 2006/6/29
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2008-008761
公開日 2008/1/17
発明の名称 色素センサおよび記録用セット
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 有機色素のプロトン授受反応(acidichromism)を利用した色素センサ、有機色素を用いたリライタブルな記録用セット
目的 有機分子ガス(VOC)を高感度に検出することができる色素センサ、並びに記録形態(文字幅や書体、記録面積等)の選択性が広く、記録および消去が簡便であり、きれいに消去できて鮮明な記録を繰り返し行なえる記録用セットの提供。
効果 本技術によれば、有機分子ガス(VOC)を高感度に検出することができる色素センサ、並びに、記録形態(文字幅や書体、記録面積等)の選択性が広く、記録および消去が簡便であり、きれいに消去できて鮮明な記録を繰り返し行なえる記録用セットを提供することができる。
技術概要
 
本技術の色素センサは、ブレンステッド塩基である有機ガスを検出する色素センサであり、強酸性基を有する高分子と、高分子と結合し、強酸性基によりプロトン付加されたカチオン性有機色素とを含み、カチオン性有機色素(c)および強酸性基(a)のモル比(c/a)を1/10〜1/25の範囲として構成したものである。ここで、色素センサにおいては、強酸性基を有する高分子に強酸性基を介してカチオン性有機色素が結合されると共に、カチオン性有機色素には強酸性基からプロトンが与えられて受容可能な範囲の当量のプロトンが付与されている。このとき、プロトンを与える高分子中の強酸性基のモル量と、この強酸性基とイオン結合して存在するカチオン性有機色素のモル量との比率を1/10〜1/25の範囲とするので、プロトンが付与されたカチオン性有機色素(ブレンステッド酸)に対する有機ガス(ブレンステッド塩基)の反応性が向上し、有機ガスに感応して検出する際の検出感度を効果的に高めることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT