高発現ベクタープラスミド用DNA断片

開放特許情報番号
L2008005768
開放特許情報登録日
2008/11/21
最新更新日
2008/11/21

基本情報

出願番号 特願平10-066114
出願日 1998/3/3
出願人 月桂冠株式会社
公開番号 特開平11-243965
公開日 1999/9/14
登録番号 特許第3877861号
特許権者 月桂冠株式会社
発明の名称 高発現ベクタープラスミド用DNA断片
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 高発現ベクタープラスミド用DNA断片
目的 麹菌における各種遺伝子の高発現システムを新たに開発する。
効果 麹菌のglaB(グルコアミラーゼ)プロモーター由来のDNAを利用することにより、同種遺伝子はもとより異種遺伝子のきわめて効率的な発現システムが構築できた。
技術概要
 
夫々、配列表の配列番号1、配列番号2、配列番号3に示す、プロモーター活性を有するDNAである。グルコアミラーゼ遺伝子(glaB遺伝子)の開始コドンから5’上流の非翻訳領域の1番目から355番目に相当する、プロモーター活性を有するDNAである。麹菌で機能するα−アミラーゼ遺伝子プロモーター、グルコアミラーゼ遺伝子プロモーター、α−グルコシダーゼ遺伝子プロモーターの少なくともひとつに、これらのDNAを、1個又は複数個導入したプロモーターDNAである。麹菌由来のグルコアミラーゼ遺伝子プロモーターにいずれかのDNAを、1個又は複数個導入した、プロモーターDNAである。これらのDNAから選ばれる少なくともひとつのDNAを、プロモーターとして含む麹菌におけるタンパク質発現用プラスミドである。このプラスミドを麹菌に形質転換してなる形質転換体である。麹菌を固体培養して、これらのDNAを少なくとも含むDNAを、プロモーターとして利用し、麹菌において同種又は異種遺伝子を発現させる発現方法である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 月桂冠株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT