酢酸系調味組成物及び酢酸系調味食品の製造方法

開放特許情報番号
L2008005665
開放特許情報登録日
2008/11/7
最新更新日
2012/10/26

基本情報

出願番号 特願2000-170608
出願日 2000/6/7
出願人 日本甜菜製糖株式会社
公開番号 特開2001-346540
公開日 2001/12/18
登録番号 特許第3538120号
特許権者 日本甜菜製糖株式会社
発明の名称 酢酸系調味組成物及び酢酸系調味食品の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 安全・福祉対策
適用製品 酢酸、食酢、味付食酢、粉末酢酸、ベタイン
目的 酢酸関連の呈味性を温和に改善する酢酸系調味組成物の提供。
効果 本技術によれば、食品又はその原料に、酢酸、食酢、味付食酢、粉末酢酸から選ばれた1もしくは2以上からなる酢酸系調味料、と、ベタインを併用することによって、刺戟感をやわらげた酢の味付けを達成することができる。
技術概要
 
この技術では、酢酸、食酢、味付食酢、粉末酢酸から選ばれた1もしくは2以上からなる酢酸系調味料を食品に添加する際に、ベタインを混合乃至は併用して食品に添加したところ、酢酸の刺戟臭は著じるしく低減され、食品全体がまろやかな味になることを見出したのである。また、この効果により酢酸系調味料物の食品への添加量を増加させることも可能となるものである。即ち、酢酸、食酢、味付食酢(食酢に液糖、アミノ酸、食塩などを添加したもの)粉末酢酸(CH↓3COONa・CH↓3COOH・XH↓2Oで示される)から選ばれた1もしくは2以上からなる酢酸系調味料100重量部(液状の場合は含有成分100重量部当り)、と、ベタイン1〜200重量部、好ましくは5〜150重量部、更に好ましくは10〜100重量部とを含む酢酸系調味組成物を基本としている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT