音源方向判定装置及び方法

開放特許情報番号
L2008005646
開放特許情報登録日
2008/11/7
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2006-545100
出願日 2005/11/16
出願人 学校法人日本大学
公開番号 WO2006/054599
公開日 2006/5/26
登録番号 特許第5004276号
特許権者 学校法人日本大学
発明の名称 音源方向判定装置及び方法
技術分野 生活・文化
機能 検査・検出
適用製品 音源方向判定システム
目的 特別な試験信号を用いずに、騒音や楽音信号に対してリアルタイムに音源の到来方向を推定することができる音源方向判定装置及び方法を提供する。
効果 特殊な指向特性を有するマイクロホンではなく、汎用性の高い指向特性を有するマイクロホンを用いて音場の測定を行うため、当該測定結果に基づいて客観性の高い判定をする事ができる。
技術概要
音源方向判定装置1は、信号を受信(受音)する複数のマイクロホン10A〜10Fからなる受信部2と、受信部2で受信された信号に所定の信号処理を行う処理部3を具備する。受信部2のマイクロホンの配置に応じて、180度反対向きのマイクロホンの指向特性の感度差データベースをそれぞれ算出させる。次いで、予め音源の到来方向及び到来角度を判定するための情報が格納されているデータベース12と、受信部2から受信した各方向の受信レベルから各方向のレベル差を算出し、データベース12に格納されている情報を参照して、音源の到来方向及び到来角度並びにレベルを演算処理部1で判定させる。受信部2は、マイクロホン10A〜10Dの4つで構成させる事が出来、また、マイクロホンの配置において、音響中心が問題となるが、全てのマイクロホンをほぼ同一点に設置し、音響中心を揃えても良いし、任意の一点から全てのマイクロホンの音響中心までの距離が等しくなるように配置させる事も出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT