電子メール管理装置

開放特許情報番号
L2008005539
開放特許情報登録日
2008/10/31
最新更新日
2011/6/17

基本情報

出願番号 特願平11-064898
出願日 1999/3/11
出願人 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
公開番号 特開2000-259516
公開日 2000/9/22
登録番号 特許第4185206号
特許権者 富士通エフ・アイ・ピー株式会社
発明の名称 電子メール管理装置並びに電子メール管理プログラムを記録した記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 電子メール
目的 電子メールの取り消し
効果 発信した間違い電子メールの取り消しができる
技術概要
あて先に発信者のメールアドレスが付加されたメールをメールサーバで受けると、サーバではメールに管理番号を付けて一時的に保存し、発信者へ確認のメールを送付する。 メール発信者は発信メールに間違いがあることが判明すると、一定時間内にサーバーより発信された確認メールに対して返信する。 メールサーバでは一定時間内に確認メールへの返信がある場合に、返信メールの管理番号と一時的に保存したメールの管理番号を照合し、一致するメールを削除する。 確認メールを発信して一定時間が経過して返信がない場合は一時保管したメールをメールのあて先に送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 相談

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 発信した間違い電子メールの取り消しができる
アピール内容 発信した間違い電子メールの取り消しができる

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT