口唇力測定装置

開放特許情報番号
L2008005453
開放特許情報登録日
2008/10/24
最新更新日
2010/8/20

基本情報

出願番号 特願2007-057876
出願日 2007/3/7
出願人 学校法人松本歯科大学
公開番号 特開2008-212576
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4554630号
特許権者 学校法人松本歯科大学
発明の名称 口唇力測定装置
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 口唇力測定装置
目的 簡単な構成で、口唇力を正確、かつ、精細に測定できる口唇力測定装置を提供する。
効果 口唇に咥えられて、口唇の変位に応じて変位する複数の変位部と、変位部の各々に設けられ、変位部の変位を検出する検出部とを有し、口唇力を複数方向から検出することにより、口唇の部位毎に口唇力を検出できるため、口唇運動を詳細に解析することが可能となる。
技術概要
図1は口唇力測定装置の構成図、図2はブロック構成図、図3は要部の側面図、図4は口唇力測定装置の使用方法を説明するための図を示す。図1(A)は平面図、図1(B)は側面図、図1(C)は要部の正面図を示している。口唇力測定装置100は、測定部111、増幅部112、ケーブル113、出力装置114、処理装置115、スタンド116、固定ホルダ117、アーム118、昇降ホルダ119から構成されており、口唇力を複数方向から測定する装置である。測定部111は、8枚の測定子121、測定子ホルダ122、測定子カバー123、検出素子124から構成され、スタンド116に固定されて使用される。被験者は、測定子121の先端部を口唇で咥える。被験者が測定子121の先端を咥えた状態で、口唇で運動を行うことにより、測定子121が口唇の運動に応じて撓む。検出素子124は、測定子121の撓みに応じた信号を出力する。検出素子124から出力された信号は、増幅部112に供給される。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT