シャーブレードの自動研削

開放特許情報番号
L2008005438
開放特許情報登録日
2008/10/24
最新更新日
2008/10/24

基本情報

出願番号 特願2001-388899
出願日 2001/12/21
出願人 山陽特殊製鋼株式会社
公開番号 特開2003-191151
公開日 2003/7/8
登録番号 特許第4135863号
特許権者 山陽特殊製鋼株式会社
発明の名称 コールドシャーブレード自動研削装置
技術分野 金属材料、機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 丸棒鋼切断刃
目的 丸棒鋼切断品の整形精度向上
効果 カリバー面の研削精度が向上
技術概要
 
研削装置の駆動ホイールと、ブレードのカリバー形状に合わせたコンタクトホイールと、該駆動ホイールとコンタクトホイールの間に掛け渡した研削ベルトからなる研削装置
実施実績 【有】  社内装置で使用中
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 手動及びロボットによる研削バラツキが小さくなり、研削精度の向上したカリバー面が得られた

登録者情報

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT