DNA結合能をもつ高等植物のSpo11類縁タンパク質の調製法

開放特許情報番号
L2008005327
開放特許情報登録日
2008/10/10
最新更新日
2015/6/23

基本情報

出願番号 特願2008-086248
出願日 2008/3/28
出願人 独立行政法人理化学研究所
公開番号 特開2009-235042
公開日 2009/10/15
登録番号 特許第5441022号
特許権者 国立研究開発法人理化学研究所
発明の名称 DNA結合能をもつ高等植物のSpo11類縁タンパク質の調製法
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 DNA結合能をもつ高等植物のSpo11類縁タンパク質
目的 DNA結合能を保持した可溶性Spo11タンパク質、及びその調製方法を提供する。
効果 可溶性であり、かつ完全長のSpo11タンパク質であって、DNA結合能を保持したタンパク質を調製することができる。このSpo11タンパク質は、可溶性であり、かつ、完全長の形態を備えているため、完全長のSpo11タンパク質に対する抗体の作製の用に供することができる。
技術概要
Spo11タンパク質を、トリガーファクターとSpo11タンパク質の融合タンパク質と、宿主大腸菌内で同時に発現させ、該宿主大腸菌細胞を破砕し、可溶性成分を回収し、該可溶性成分から可溶性Spo11タンパク質を調製する。Spo11タンパク質をコードする核酸と、トリガーファクターとSpo11タンパク質の融合タンパク質をコードする核酸が同一の組換えベクターに、同時発現可能に挿入されており、組換えベクターを宿主大腸菌内に導入する。Spo11タンパク質をコードする核酸が(a)配列番号1、配列番号3、配列番号5、配列番号7又は配列番号9で表されるヌクレオチド配列からなる核酸、(b)配列番号1、配列番号3、配列番号5、配列番号7又は配列番号9で表されるヌクレオチド配列からなる核酸の相補鎖とストリンジェントな条件でハイブリダイズする核酸であって、該核酸がコードするポリペプチドがDNA結合能を有する核酸で示される核酸を含む組換えベクターを前記宿主大腸菌内に導入することにより達成される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 このSpo11タンパク質を用いることで、減数分裂期相同DNA組換えにおいて誘導されるDNAの二本鎖切断の分子メカニズムを明らかにすることが可能となる。
改善効果2 このSpo11タンパク質を用いることで、これまで明らかにされていなかった、Spo11タンパク質との相互作用因子(活性化因子など)の同定、及び、Spo11タンパク質を含む機能複合体の作用機序の解明が可能となる。
アピール内容 実施許諾の可否・条件に関する最新の情報は、(独)理化学研究所連携推進部 知財創出・活用課までお問合せ下さい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT