廃食油のディーゼル機関燃料システム

開放特許情報番号
L2008005315
開放特許情報登録日
2008/10/10
最新更新日
2010/9/17

基本情報

出願番号 特願2007-296297
出願日 2007/11/15
出願人 鳥取 孝治
公開番号 特開2010-195842
公開日 2010/9/9
登録番号 特許第4174686号
特許権者 鳥取 孝治
発明の名称 廃食油のディーゼル機関燃料システム、利用方法並びに廃食油燃料ディーゼル機関自動車
技術分野 輸送、食品・バイオ、その他
機能 環境・リサイクル対策、機械・部品の製造、食品・飲料の製造
適用製品 ディーゼル機関を有する自動車、発電機、船舶、燃料フィルター
目的 ディーゼル機関の燃料として、廃食油を化学反応を利用せず簡単低コストで使用し経由の代替しCO2排出ゼロの動力となる。
効果 環境改善効果、効率の良い搾油機とのセットでエネルギー革命も可能
技術概要
 
ディーゼル機関を 使用済み植物油のろ過と湯水分利のみで使用するシステムです。未使用の植物油であれば ディーゼル機関にそのまま使用できます。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 連絡ください。

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 CO2排出量の劇的減少。
改善効果2 燃料費軽減
アピール内容 現在の地球環境改善に貢献でき得るものと考えます。

登録者情報

登録者名称 鳥取 孝治

技術供与

技術指導 【可】
期間 話し合いによる

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 
質的条件
事業化実績 【有】氷川町水の子(カ) 
追加開発 【要】植物油対応フィルターの開発

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
試作品評価 【可】
Copyright © 2017 INPIT