動画データ作成方法および動画データ表示方法

開放特許情報番号
L2008005169
開放特許情報登録日
2008/10/3
最新更新日
2009/5/29

基本情報

出願番号 特願平10-164754
出願日 1998/6/12
出願人 江良 一成
公開番号 特開平11-073522
公開日 1999/3/16
登録番号 特許第3116033号
特許権者 株式会社マーキュリーシステム
発明の名称 動画データ作成方法および動画データ表示方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 動画データ作成システムおよび動画データ表示システム
目的 データサイズの小さい動画データを作成できる動画データ作成方法、および、そのようにして作成した動画データを表示する動画データ表示方法も提供する。
効果 非常に小さなデータ量の動画データで、動画データの標準フォーマットであるAVIファイルを再生したときと同等の品質の動画を得ることができ、その結果、保存時に必要な記憶装置の容量も少なくて済み、また、インターネットなどで通信する際にも、通信時間を大幅に短縮できるので、例えば、WEBページで動画を提供する際のサービス性が良好になる。
技術概要
図1は二次元画像表示装置を示す。ワークステーション装置1は、二次元画像データ表示処理を行うものであり、表示する二次元画像データは、あらかじめこのワークステーション装置1に保存される。キーボード装置2は、ワークステーション装置1に対して種々の操作を行うためのものであり、画面指示装置3は、CRTモニタ装置4に表示された任意の点を指示する等の画面指示操作を行う。CRTモニタ装置4は、二次元画像データ表示処理などの作業画面等を表示するためのものであり、カラースキャナ装置5は、所定の解像度かつ所定ビット深さで写真画像等を読取入力するためのものであり、プリンタ装置6は、所定の解像度で画像等を記録出力するためのものである。なお、プリンタ装置6としては、カラー画像を記録出力可能なカラープリンタ装置を用いることもできる。図2は、二次元カラー画像データ表示アプリケーションにおける操作画面OPを示す。図3は動画データ作成アプリケーションプログラムの作業画面を示した概略図である。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT