ティッシュペーパー、トイレットペーパーの家庭用薄葉紙繊維ウェブへの薬液塗布方法

開放特許情報番号
L2008005065
開放特許情報登録日
2008/9/26
最新更新日
2008/9/26

基本情報

出願番号 特願平15-007842
出願日 2003/1/16
出願人 大王製紙株式会社
公開番号 特開2004-218151
公開日 2004/8/5
登録番号 特許第3716254号
特許権者 大王製紙株式会社
発明の名称 ティッシュペーパー、トイレットペーパーの家庭用薄葉紙繊維ウェブへの薬液塗布方法
技術分野 機械・加工
機能 表面処理
適用製品 ティッシュペーパーやトイレットペーパー等の家庭用薄葉紙に代表されるような繊維ウエブよりなる製品
目的 原反ロールから繰り出される繊維ウエブの製品化過程において、高速下であって均一に薬液を塗布することができるとともに、繊維ウエブに薬液を迅速に含浸させ、しっとり感を早期に立ち上げできる繊維ウエブへの薬液塗布方法および薬液塗布装置を提供することにある。
効果 原反ロールから繰り出される繊維ウエブの製品化過程において、高速下であって均一に薬液を塗布できるようになるとともに、繊維ウエブに薬液を迅速に含浸させ、しっとり感を早期に立ち上がらせることが可能となる。
技術概要
 
原反ロールから繰り出される繊維ウエブの製品化過程において、均一に薬液を塗布するとともに、迅速に繊維ウエブに薬液を含浸させる。 原反ロール2から繰り出された繊維ウエブが製品化される工程において、薬液塗工ロール6と、繊維ウエブ押圧ロール7とを対面状態で備えるとともに、両者を交互に異なる面側に配備した第1の薬液塗布装置F1と、第2の薬液塗布装置F2とを設備し、前記第1の薬液塗布装置F1において前記薬液塗工ロール6により繊維ウエブの一方面側に薬液を塗布すると同時に、前記繊維ウエブ押圧ロール7による加圧により薬液を含浸させ、前記第2の薬液塗布装置F2において、前記薬液塗工ロール6により前記繊維ウエブの他方面側に薬液を塗布すると同時に、前記繊維ウエブ押圧ロール7による加圧によって薬液を含浸させるようにする。
実施実績 【有】  自社製品に使用。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大王製紙株式会社

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 分割出願特許第3968371
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT