障害のある腕の支持具

開放特許情報番号
L2008005051
開放特許情報登録日
2008/9/19
最新更新日
2008/9/19

基本情報

出願番号 特願2003-055066
出願日 2003/3/3
出願人 有限会社カルチエ
公開番号 特開2004-261402
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第4098646号
特許権者 有限会社カルチエ
発明の名称 障害のある腕の支持具
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 障害のある腕の支持具
目的 障害のある腕を所望の支持角度で支持し身体的疲れを軽減し、該腕の運動機能の減退を防ぎ腰巻装ベルトの止め具の係脱において上記腕巻布を巻装した障害のある腕の協働を可能にした腕の支持具を提供する。
効果 一端と他端に係脱可能な止め具を設けた腰巻装ベルトと、一端と他端に係脱可能な面ファスナーを設けた腕巻布とから成り、上記腕巻布の中間部を上記腰巻装ベルトに回動可能にピボット付けすることにより、障害のある腕を所望の支持角度で支持し身体的疲れを軽減し、かつ該腕の運動機能の減退を防ぎ、該腕巻布のピボット付け位置を上記腰巻装ベルトの一端の止め具寄りに偏在した位置に設定し、腰巻装ベルトの止め具の係脱において上記腕巻布を巻装した障害のある腕の協働を可能にする。
技術概要
一端と他端に係脱可能な止め具を設けた腰巻装ベルトと、一端と他端に係脱可能な面ファスナーを設けた腕巻布とから成り、上記腕巻布の中間部を上記腰巻装ベルトに回動可能にピボット付けする。
イメージ図
実施実績 【有】  自社製品
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 負傷して治療中の腕や弛緩している腕を腰のベルトで支える腕の支持具です。腕を包む帯とベルトは回転可能に取り付けてあります。ウエスト周囲で腕を支える位置を、ベルトを回して選び、ベルトの長さを締めたりゆるめたりすると、腕の曲げ具合と腕を支持する角度が自動調節され、行動の自由度が高まり運動機能の減退を防ぐことができます。 ベルトの向きを換えると、右腕用、左腕用になります。 ベルトの止め具は、独りで着脱し易い位置にあります。
出展実績 2002年4月15日 第43回暮らしの発明展(社団法人全国発明婦人協会主催)

登録者情報

登録者名称 有限会社カルチエ

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
サンプルの開示 【有】
サンプル1 自社製品

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT