磁気測定装置

開放特許情報番号
L2008004973
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2012/10/18

基本情報

出願番号 特願2007-274350
出願日 2007/10/22
出願人 国立大学法人 岡山大学
公開番号 特開2009-103534
公開日 2009/5/14
発明の名称 磁気測定装置及び水分量測定装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 交流磁場、磁気センサ
目的 物質の水分量を測定する磁気測定装置の提供。
効果 磁気センサを測定対象に近づけて配置したことにより、小さな磁気応答特性の信号を測定することができる。さらに、前記測定対象を設置する試料ステージには、測定対象中の求める物質として、あらかじめ量が分かっている標準サンプルを少なくても1つ以上配置することによって、測定対象の磁気特性と比較することができる。この比較により、信号強度の補正ができるので、小さな磁気応答特性の信号の場合でも、測定精度を上げることができる。
技術概要
本技術によれば、ロックインアンプ回路により磁気センサ用計測回路の出力を印加コイルと同じ周波数で位相が互いに90度異なる2つの信号に検波して、物質の磁性の違いや、導電率による渦電流による応答などの信号の位相変化をとらえることができる。すなわち、測定対象が水のような反磁性である場合には、印加した磁場に対して180度位相がシフトする。また、強磁性体であれば、まず印加した磁場と同じ位相の信号となるが、そのほか導電性により渦電流が発生し、その物質のインピーダンスにより位相が、印加した磁場の周波数によって変化する。したがって、ロックインアンプ回路により、上述のように発生機構の異なる磁気信号を含む磁気応答を、多様な情報の形で引き出すことができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【不要】 

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT