データ閲覧支援装置、データ閲覧方法及びデータ閲覧プログラム

開放特許情報番号
L2008004912
開放特許情報登録日
2008/9/12
最新更新日
2008/9/12

基本情報

出願番号 特願2003-127483
出願日 2003/5/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2004-334409
公開日 2004/11/25
登録番号 特許第4157418号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 データ閲覧支援装置、データ閲覧方法及びデータ閲覧プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 マークアップ言語で記述されたデータを閲覧する際に、利用者の音声によって閲覧の操作を支援するデータ閲覧支援装置、データ閲覧方法及びデータ閲覧プログラム
目的 Webページやデータ放送を閲覧(視聴)する際に、利用者の音声によって、閲覧の操作を支援し、音声のみでリンク先への画面遷移を行うことを可能にしたデータ閲覧支援装置、データ閲覧方法及びデータ閲覧プログラムの提供。
効果 本技術によれば、HTMLやBLM等のマークアップ言語で記述されたデータを閲覧する際に、画面上にマーカ文字を表示して、リンク先が存在することを提示するとともに、利用者がそのマーカ文字を発声することで、利用者が所望するリンク先へ画面を遷移させることができる。
技術概要
この技術では、リンク情報検索手段によって、HTML、BML等のマークアップ言語で記述されたデータの中から、リンク先を示すリンク情報を検索する。このリンク情報は、リンク先のアドレスを示す情報であって、例えば、HTML等では、「Aタグ」の「href属性」によって定義される情報である。そして、データ閲覧支援装置は、マーカ文字付加手段によって、リンク情報に、同一画面のデータ内で識別可能なマーカ文字を付加して、データからマーカ文字付データを生成し、マーカ文字とリンク情報とを関連付けてリンク情報記憶手段に記憶する。これによって、マーカ文字によって、リンク先(アドレス)を特定することが可能になる。そして、表示データ生成手段によって、マーカ文字付データを解析して、閲覧可能な表示データを生成して、画面上に表示する。これによって、データ閲覧支援装置は、リンク先を示す画像や文字列にマーカ文字を付加して表示することができるので、利用者は、マーカ文字が表示されている箇所にリンク先が含まれていることを認識することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT